こんな街抜け出してしまおうよ

だれも知らないまちへふたりで

書く練習

「最近全然更新してないな~。とはいえどれだけ前でも10月ぐらいに一回更新してただろうな」

「8月!?!?!?!?!?!?!?!?!?!??!」

「半年も前なのかよ」

「俺はこの半年間何をしていたんだ?」

「そういえば8月のこのころ何となくブログを非公開にしたことは憶えているけど、理由もいつ非公開を解除したのかも憶えてないな」

「たぶんこのころが一番仕事も私生活も暇だった気がする」

「9月末~10月あたりにめっちゃ忙しくなってきて、やっと今落ち着いてブログを開いたら最終更新が8月でびっくりしました」

「半年も何も書いていないと書き方を忘れてしまったようで、こんな変な文の切り方になってしまっています」

「いろいろ書きたいことはあるものの、最近は家に帰ってきて早寝タイムアタックをしているのでパソコンすら開かない日々でした」

「そもそもパソコンも古くなってきてめっちゃ重いし」

「そういえばMAC BOOKほしいんですよね」

「社会人になってある程度生活に余裕も生まれたら貯金して買おうと思っていたんだけれど、もうその社会人生活が2年目に突入しようとしていることをいつも同期と話しています」

「このまま一生生活に余裕が生まれなかったらどうしよう」

「一生別に豊かではないけれど貧困するわけでもない稼ぎで、東京で何となく暮らして老いていく」

「いや、よく考えたらみんなそんなもんか」

「ギャンブルで一発当てるしかねえと俺は思って競馬で100万ぐらいスってヤバいことに気がつく」

消費者金融の利息を支払うのに精いっぱい」

「会社に行くために起きることすらできず」

「なんとなく昼に目が覚めてまたギャンブル場に向かう俺」

「パチンコを打って負けてそれを取り戻すために競馬でまた負ける」

「それだけならまだしも、俺は裏カジノにまで手を出してしまう」

「借金はウン千万円に膨らむ」

「もうだめだと思ったその時!」

「少し前に勝っていたロト6が見事に当選!」

「なんやかんやで5億を手にした俺はすべての借金を返済し、晴れて自由の身になる」

「自由といえばここ2か月ぐらい平日はプライベートがない生活だったんですけど」

「世の中にはもっと、夜中の3時とか4時まで働いて帰ってきて10時に出社するみたいな生活を送ってる人もいる」

「そう考えると本当に24時間働いている人ぐらいしか、本当の意味で働いているとは言えないんじゃないか?」

「何を言っているんだ俺は」

「定時で上がるのが一番良い」

「定時で上がることで2時間分の残業代を付けるとかにすればみんなもっと仕事を頑張ると思う」

「だって2時間残業しても定時で帰ってる人と同じ稼ぎなんだから」

「少なくとも日が変わる前には家に帰るべし」

「俺はがんばって何もせずに毎日6時間以上寝るようにしてるのに、なぜかねむいから昨日は定時で帰って23時には就寝したのにやっぱり朝起きれなかったので、もうずっと寝てないとダメなのかもしれない」

「でも土日は意外とすっと起きられるから、精神的な問題もあると思う」

「眼が冴えて眠れなくなるスイッチほしい」

「それか職場がめっちゃ近くなってほしい」

「職場がめっちゃ近くなるとアホみたいに働いてしまうからやっぱやだ」

「そろそろ12時になるのでお風呂に入って寝ます」

「月に2本は書いていきたいと思っている所存です」

「今回こんな感じになったのは許してください」