こんな街抜け出してしまおうよ

だれも知らないまちへふたりで

ゆったりめのコートがほしい。

ゆったりめのコートがほしい。
そう思ってアパレルショップに行ったのだけど、手持ちのお金じゃ到底買えないような値段のコートばかりでそこに立っている自分が恥ずかしくなりました。
アパレル店員はその店で売っている服を着ると言いますが、あんな値段のものたちで上から下までそろえているのか? 正気じゃない。
俺はというとその日の服装はGUで買ったシャツ、どこで買ったかわからないカーディガン、ユニクロで2年前ぐらいに買ったパンツである。
着ているものの値段を全部合わせてもほしいコートの値段には届かないことに今気づきました。
ウン万円もするコート、普通どれぐらい着るんですか? 4年とか?
もし1年で買い替えるとかなら果てしない額のお金が必要になる。たとえば3万円だとして、社会人になってからオシャレな服を買わなくてもいいぐらいの年齢になるまで毎年買い替えると考えてみます。
だいたい23歳~50歳ぐらい? 偉くなればなるほど場にあった服にこだわるだろうし、こんなもんでいいか。引き算がしやすいので53歳にしとこう。
となると30回買い替えるから、3万×30回で90万!
…意外と安いか?
いや、90万円といえば世界一周ができるぐらいのお金だ。
いまから一切コートを買わなければ僕は世界一周をしてもよいということになります。
世界一周とコート、どちらを選ぶべきだろうか?
コートは今後30年使うことになるが、世界一周はたかだか45日程度だ。その一瞬に価値があるということもできるが、実用面ではやはりコートに劣る。
コートと世界一周なら、コートを選ぶだろう。

f:id:colorculator:20151125015913j:plain

いやしかし、90万円もあれば中古車を買えるぞ。
コートの代わりに中古車を買って、冬はずっと中古車の暖房にあたっていればコートいらずの生活を送ることができるぞ!
やはりコートを買わないべきではないのか?
…が、中古車はメンテナンス費用がかかる。
ましてや古い車だ、コートの30年計算に対して、中古車は何年もつかわからない。
もし10年持ったとしても、3回買い替えて270万円になってしまう。この時点で明らかにコートの方がコストパフォーマンスが高いことがわかる。

待てよ、90万円は新卒の月給およそ4か月分ではないか?
4か月分?
優良企業ならボーナスがこれぐらいでは?
つまり、新卒1年目のボーナスを全部コートに使っていると言える。
なんてことだ、ボーナスを全部服に使うなんて。
舞い上がってしまう気持ちもわかるが、将来のことを考えて貯金をすべきだ。奨学金の返済があれば、結婚や養育資金に充てる分も必要だろう。一時の気の迷いでコートを買うなんて馬鹿げたことをしていけない。
僕たちの世代は年金さえもらえるかわからない。そのときのためにお金はいくらでも残しておいて損はないはずだ。
若いうちは質素に暮らし、役職があがりもらえる給料が増えてからいいコートだかコンロだかを買う方がずっと賢い。
ボーナスはコートではなく口座へ





ということで、コートは買うべきではないという結論になりました。
みなさんも一時の気の迷いで高い買い物をしていませんか? 一度考えてみてくださいね。