こんな街抜け出してしまおうよ

だれも知らないまちへふたりで

善なるひき逃げ

 右に曲がるべきだった。と23時のニュース番組で、ゲストのどこそこ大学の教授が言った。いやいや、そっちには小学生が2人もいたんですよ!と返すのは、大御所芸能人。
 画面下部にはテロップで「自動運転による死亡事故 人工知能の正義とは」と表示されている。

f:id:colorculator:20170124123529j:plain



 ニュースの内容はこうだ。
 ある大手ECサイトと大手流通業者が共同出資して設立した合弁企業が、完全自律型の宅配用バイクを完成させた。このバイクはリリースまでにおよそ5年の試験期間を経ている。そして各所の有識者のお墨付きと政府への根強い交渉により、ある特定の地域でのみ運用が許された。
 しばらくは何事もなく配達がなされた。文字通り24時間年中無休で配達可能な時代が訪れたと思われた。
 この完全自律型宅配用バイクの完成には世界中のトップエンジニアが携わっていた。まさにイノベーションと呼ぶにふさわしい技術が使われている。道路交通法の遵守は当然のこと、渋滞情報を取得し最も効率的なルートを通って配達を達成する。
 特に注目されていたのは事故を回避する技術だった。運転手なしなのだから人間と同じかそれ以上の状況判断が当たり前にならないといけなかった。この機能には世界の英知が集い、魔法のような実装がなされた。

 そうして運用が始まって2年が経ったころ、この事故が起きた。
 宅配バイクが、老人をひき逃げしてしまったのだ。
 そのときの状況は、とニュースキャスターがテロップを出す。

1.発生時刻は午後17時ごろ、夕暮れ時
2.発生場所は坂道を登ったところで、逆光になっていた
3.路面状況は良好
4.被害者は老人で、本来通るはずのない道を通っていた

 この坂道、逆光、イレギュラーな場所という条件がかさなり、バイクがこの状況を認識し、この老人を回避する時には以下の選択しか残されていなかった。

1.轢かないように右にハンドルを着れば小学生2名に追突する
2.左は反対車線で、左に避けた場合はさらなる事故が発生していた。
3.急ブレーキでも止まれる距離ではなく、止まった場合は後ろから追突され、車は故障していた

 結果、バイクはこのどれも選ばず、老人に激突した。
 しかしバイクがよくなかったのはこのあとだった。
 老人を轢いた後、そこで横たわっているのをしり目に目的地へと向かってしまったのだ。バイクには緊急通報機能が備わっていたにも関わらず。
 これは不具合か。

 事故が起きる前と、起きたその瞬間以降でこのバイクにとって優先順位が入れ替わってしまったことが原因だった。これは複雑な開発工程が意図せず生み出したロジックの問題だと、バイクを開発した合弁会社は結論付けた。
 轢いた瞬間、優先順位が「荷物を目的地まで届けること」になってしまっていたのだった。CEOの「少なくともバイクにとって、善なるひき逃げだった」という発言により、この合弁会社は大炎上している。

 これは善なるひき逃げか?
 たとえばこの不具合が修正されたとして、このバイクは再び運転されるべきか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※このバイクの登場により、流通業者の長時間労働問題は劇的に改善した。
※このバイクの副産物として、交通渋滞発生数も大幅に改善された。
※バイクではなく、人が運転していた場合でも同じ状況、同じ選択肢しかなかった。

もう少し考えて行動しろ

人生には幸福でも不幸でもない時間が圧倒的に多い。
学生が授業を受けている間の何も考えてないときや、社会人になってルーチンワークをこなしているときとか、無の時間が日常にはたくさんある。

でも世の中にはいつもつらいこと言ってる人もいるし一生ポジティブな人間もいる。
それってその人の性格なんだろうか。才能?
同じことをしていても感じ方が違うのはよくわかる。感情の振れ幅が違っていたり、幸せ/不幸せな瞬間をとらえるのが上手な人は確実にいる。

じゃあなんでマクドナルドは全世界で売れてるんだ?コカコーラは?
人類の遺伝子に刻まれている「本質」「幸福」がそういうところに潜んでいるんじゃないかと思うことがある。
これを昔の人はイデアとか定言命法とか呼んでたのかもしれない。生命維持活動=食事は人類にとっての幸せと直結していてもおかしくない。
美味いというのは幸せだ、誰にとっても。美味いものだけを食って死にたい。味覚から幸福や本質を考える哲学ってあるのか?
この成分をこの分量で含んだこの料理こそが人類にとっての「幸福」である、みたいな。幸福の味。
でもそれは結局物質でしかなく、形而上的な、なぜこの料理を「幸福」と呼べるのかという答えにはならないか。
全人類が美味しいと思うものはつまり幸福である。間違ってはいないし幸福は物質であっても何らおかしくない気もする。この辺の議論は何もわからないので適当なことを言ってしまっている。
こんな感じでウダウダ考えているとミサイルが頭上を過ぎていく現実に気づけなくなる。

人類にとっての「幸福」とは何だという難しい議論は学者に任せるとして、もっと手前の実用的なところで僕になんとなく見えてるのは、
「幸福を最大化するには、際限なく理詰めで考えなければならない」ということと、「その上で最終的に右脳で選択する」ことで幸福最大化の賭けに勝てる可能性が高まる、ということだ。
周りの人で、成功しているような人たちはここをナチュラルにできるようになっていると感じる。最後まで理詰めじゃなくて、最後は右脳、直観で選択するからこそ腹落ちするし選択に対して前向きに責任を持てる。この腹落ちという概念が肝心。

人生においてどの点をとってもある選択の先は無限に分岐している。
だから何手先まで読めるかというのはかなり重要な要素で、なぜなら読める部分まではその人にとって「明らかに正解」を選べるからだ。
分岐は無限にあるんだから先を読めるに越したことはない。
でも、先を読むことによって、トレードオフな選択が存在することに気がつく。未来のある時点で幸福になろうと思ったときに、近いある選択で不幸な分岐を選ぶ必要がある場合がある。極端な例でいうといい学校に行っていい企業に行くために今嫌いな勉強をめっちゃがんばるみたいなことだ。

ここでどうするのが正解なのかはわからないが、最後の右脳で思い切った選択をとれる人が成功するのかなとも思う。
わかるのは自分がある未来でより幸せになるための布石を打ちつつも、現時点の幸福度を高める戦略を打たないと、人生がじり貧になってしまいしょうもないということだ。
勢いとか即断即決とか突飛に見える行動もうまくいく人にとっては精緻な検討の先に存在していて、数手先で思考を止めて選んだ行動は、目の前の幸福を最大化しはするが持続しない。数手先で大損してしまい、結局幸せを長く維持できないからだ。
持続しないのでまた同じように数手のみの先読み行動で幸福を最大化する。この断続的な幸福の最大化というのは心をすり減らす(幸福の最大値を下げる)行為でもある。
瞬間的で短絡的な幸福最大化と、そのすぐあとにある大損の幅が大きいため幅を縮めるために少しずつ幸福/不幸を感受する度合いが下がってくるからだ。
つまりこの行為を続けることで幸福の最大値は0=無となり、何を起こしても幸福になれない未来が待ち受けている。

考えて行動しろ。

行列のできる


今日はお昼に行こうと外に出たら強いにわか雨が降っていて、傘を持っていなかったので5分ほど行ったところにあるカレー屋にすらいけず、いくつかオフィスビルを渡って屋内にあるところで済ませようと思ったのだけど、飲食店街に着いた僕が見たのはそれはそれは長い行列だった。
雨に追いやられて集まったサラリーマンやらOLやらがありとあらゆる飲食店に行列を作り、わずかなお昼休みを他人が食べ終わるまでの時間に置き換えている。
なんとか空いている店を探そうとしても、そもそもその飲食店街の入り口すらどこかの店の行列によってふさがれている。
これはいったいどこまで続いているのだろうとある行列をさかのぼってみた。

2階から始まる行列は階段を下り1階のオフィスビル直結のエントランスの外壁にそってぐるっと一周し、スターバックスの行列と入り乱れながらなんとビルの外まで続いているではないか。
そのまま道路に面したカフェが出している、テラス席用に伸びたテントの下で窮屈そうに雨をしのぎながら待つ人々を越え遂に屋根が消えてもまだ行列は続いていた。
傘を持っていない人はびしょ濡れになりながら昼食を待っている。

f:id:colorculator:20160109153343j:plain



この人たちは自分が何に並んでいるかなんてわかっていない。
雨に濡れるのが嫌で屋内で移動できる店で済ませようとしたのに、そのために濡れてしまっては本末転倒だ。
ところが行列はここからまだ先が見えないほど続いていて、この調子だと隣駅まで続いていてもおかしくない。
濡れるのが嫌なのでそれ以上追うことはやめたが、気になって、行列に並ぶ人に「何に並んでいるのですか?」と聞いてみた。
その人はとんかつチェーンの名を答えた。一切悩んだ様子もなく、確信を持ってこの行列に参加しているようだった。
僕は怖くなって、お礼だけしてそそくさとその場を去った。明らかに昼休み中に間に合わない量の列と、この列の先に何があるのかということを知っている様子と、チェーン店にここまで並ぶ必要なんてないということと、行列のほとんどの人間がスマホをいじりながら変な姿勢で待っていること。

気が付いたらお昼休みも残り20分になっていたので、結局僕はオフィスビル内のファミリーマートで売れ残っていたペペロンチーノを買って昼食を済ませた。
レンジでそれを温めてもらっていると、同じように行列を嫌がってコンビニに流れ着いた人たちがまた列を作っていく。
この人たちは確かに確信して並んでいるのだ。
物理法則のようだと僕は思った。