film.

だれも知らないまちへふたりで

私が作りました

・私が作りました
  
「私がつくりました」
 と、全世界の映画館のスクリーンを乗っ取って、「神」と名乗る何者かが言ったのが三日前のことだ。

 もちろん最初は誰も信用していなかった。タチの悪いいたずらだと思っていた。しかし、「全世界で」「同時に」「同じ言葉を」「その国の母国語で」言い放つという不可能を可能にしていることが、じわじわと世界中の人々にもしかしたら、という気持ちを抱かせていく。どんな宗教でも熱心な信者であればあるほどそれを信じるタイミングは早かった。
 極めつけにもう一つ、あり得ないことが起こっていた。同じスクリーンを見ていた人に「神」の姿を聞くと、全員違うものを答えるのだ。中肉中背の男性、ハゲ頭、ブロンズの女性、悪魔のような目つきの男、東洋の女性、ターバンを巻いた女性、等々……。
 そしてそのことがどうやら全世界で共通して起きているらしいことがわかると、いよいよ「神」は現実味を帯びてきて、その映像を見たことがある人はみんな、それを信じてしまっていた。
 話題になったとはいえ、その後は特に何が起きるということもなかった。テレビやインターネットでは、「ほとんど考えられない確率だが、全世界の人間が同時に幻覚を見た」ことが今のところ一番妥当な結論とされている。

=================================================================
#疎通テスト
##成人男性 労働者 日本人
###期待値 %&歳時点で■■が原因で正しく死亡すること

「いや、そういう意味ではあいつはただ出荷判定をしただけで、一行たりともコードを書いてないから、「私が作りました」なんて嘘だよ」 
 とは訂正する。

f:id:colorculator:20180917012743j:plain



 「私が作りました事件」から一週間後、ある朝目覚めるとが僕の部屋に立っていた。基本的に目が覚めた時に知らない人が部屋にいることを想定していないので、僕は心臓が止まるぐらい驚き、出したことのない声が出て、危機回避行動をとるまでの間硬直していたが、泥棒や強盗なら既に殺されていたり何らかの危害を加えられていてもおかしくないような時間が経ってもその人物は何もせず、「ちょっと、びっくりさせてしまったな」と落ち着いて僕に話しかけたのだった。

「俺は、今日から死ぬまでお前の傍にずっといる」
 なんと、初対面の人間に寝起きでプロポーズされてしまった。

*** 
※出荷:あるソフトウェア製品を市場にリリースすること。
※出荷判定:あるソフトウェア製品の出荷基準を設定し、それを満たしているかどうかを判定すること。

丘の上の館 #3

『よそ者が島原不動産に訪れたという話は町の人々に一気に広まった。』
『この町は観光者を大いに受け入れているものの、まだ狭く閉鎖的な町なのだ。口にこそしないが、後からやってきた人間に対し私たちの生活に踏み入れるな、と住人はみな思っている。現に、この町に越してきた者は奇妙な心地悪さを感じ、2年以内にまた引っ越してしまう。早い人で1か月というのもあった。
 そんな中でひときわ外様に厳しいのが、島原雅也だった。彼はこの町の唯一の不動産仲介業者であり、町のほぼすべての住人の物件を世話している。島原は町の住人以外を接客しようという気がまるでなく、店に来ても奥に入ったまま出てこない。一度訪れた移住希望者はだいたいそこで諦めるか、町の外にある業者を介しわずかに残っている島原不動産管轄外の物件に入居する。それも結局すぐに引っ越してしまうのだが。』

f:id:colorculator:20160606214055j:plain


『しかし町の住人がなぜよそ者の移住をここまで拒んでいるのかということについては、あまりわかっていない。村というには大きすぎるし、全然あったこともない人たちだってたくさん住んでいる。それに、経済が潤っているわけでもない。観光と農業でなんとかやっていけるだけの力はあるが、取り柄があるかと言われれば、そうでもない。
 そういう雰囲気の代表者がこの島原だった。彼は「三顧の礼」が口癖で、住人相手でさえも、場合によっては一度二度訪ねたところで何の反応もないこともある。それでも仕事はよく、希望通りの物件を見つけるまでは一歩も引かない。その姿勢によって、この究極的に面倒な男は町の人々の信頼を得ているのだ』
『そういうわけで、あの男も例にもれず接客を拒否されていたのだった。』

タワレコにて

 今日はツいてない日だ。僕はエレベーターで顔をしかめる。十時半から始まる講習があるのに、十時半に目が覚めるし、借りようと思った漫画は、昨日は一巻から五巻まであったのに、今日は五巻しかなかった。Bluetoothのイヤホンの充電は電車に乗ってすぐ切れるし、コーヒーはこぼすしで、本当に今日はだめな日だ。
 軽い音が鳴ってドアが開く。エレベーターを待っていた男の人がいて、不機嫌そうな僕を見てなぜか頭を下げた。僕も思わず会釈する。何か後ろめたいことでもあったのだろうか。それとも上司のご機嫌取りに明け暮れる平社員が不機嫌な僕と上司を重ね合わせて反射的に謝ってしまったのだろうか、ああ悲しいかなサラリーマン。
 そんなことはどうでもいい。僕は前々から欲しかったCDを買いに、このタワーレコードに、来た。そして、目当てのCDを買って、僕は、塾に行く。それ以外何もしない。ツいてない日は予定通りのことができればいい。高望みなんてしちゃだめ。
 お目当てのCDを発見する。残り一枚。ツいてるのかツいてないのか。とにかく僕はそれを手に取って、レジで会計を済ませる。今日はたまたまポイント3倍デーらしくて、「ツいてる」なんて考えた自分がおかしくて、でもレジの店員さんには頭をぺこりと下げるだけ。
 下りのエレベーターを待ちつつニューシングルのコーナーを眺めていると、最近デビューしたばかりだというのにもうドラマの主題歌を任されているバンドの、そのドラマの主題歌が入ったCDが並んでいた。ちょうどそのバンドが気になっていたので、後ろでチンと鳴るのを無視してそのCDを視聴した。
 歌詞カードを見ながら聴いていると隣に女性が立った。僕が聴いてる曲のMVを見ている。僕より少し背の小さいその人は、陳列されたCDを一枚取って、興味深そうな顔でMVとCDを見比べていた。
 どこかで見た顔だな、なんて思って二度見したときだった。彼女と目が合った。一秒ぐらいして、
「え」
 二人の声が重なった。
「もしかして……とも君?」
 僕の名前を呼ぶ。
 いや、でも、そんなわけはないはずだ。確かに面影はあるというか僕の記憶とほとんど違いはないぐらいなんだけど、彼女は東京に行ってしまったはず、
「久しぶり! 覚えてる? 私だよ!」
 バシバシと僕の肩を叩く。立派に標準語を身につけていた。
 覚えていないわけがない。『思い出のひと』だ。
「……なんでここおるん?」
 ヘッドホンを外して尋ねる。
「こっちの友達に会いに来たの。解散したけど電車まで時間あるからつぶそうと思って」
「そうなん、でも、こんなとこで会うとは思ってなかったわ」
「私も思ってなかったよ。びっくりした」
「これ好きなん?」と彼女が手に持っているCDを指さす。
「うん。あのドラマ好きなんだよね。とも君も?」
「うん」
「なんか、懐かしいね」彼女がマフラーを巻きなおす。
「ずっと東京やもんなー」
「たまーに帰ってきてたんだけど、こっちの男友達と会うのは初めてかも」
「俺も、東京の女の子と喋ったのは初めてかも」
「すっかり標準語になっちゃった。もう大阪弁話せないかも」
「ちょっと前まで大阪弁やったのに」
「ちょっとって言っても、もう五年前だし、五年もあれば変わるよー。とも君はあんまり変わってないけど」彼女が親指を立てて、笑う。
「しのも、全然変わってないと思うけど」
「背も髪も伸びたし、標準語も使えますー」背伸びをして、僕の肩を軽く叩く。この癖はなおってないらしい。
 それからどちらも無言になってしまって、僕と彼女は延々流れるPVを見ている。
 二週目に差し掛かるところで、彼女が「もう電車の時間だし、行くね」と言った。
「あ、俺もそろそろ出る」
 二人でエレベーターを待った。
「とも君、受験生?」
「うん。しのは大学行かんの?」
「指定校推薦もらっちゃった」
「なに」
「そうじゃなかったら、遊んでられへんもん」
大阪弁なってる」
「あ。移ったね」
 店を出るまで二人は沈黙していた。ガヤガヤと人が行き交う道で、彼女は「またね」と笑って、僕も「またね」なんておどけるが、彼女は喧騒に紛れていく。

f:id:colorculator:20180830221758j:plain